明日、明後日中にもまとまったお金が必要です。本当に直ぐにでもローンを組みたい状態です。色んな会社が「即日融資します」と有りますが、即日借入で気を付ける事等有りますか?

即日借入で気を付けたいのは曜日と時間です

今は多くの消費者金融会社が「即日で融資します」と宣伝していますが、融資を受ける前には申し込みをして、審査を通過しなくてはいけません。申し込みはインターネットからも出来る処が多く有りますが、借入金を受け取る為には店舗に出向く必要が有りますし、振り込みで融資を受けたい時は、銀行の営業時間内に引きおろしに行かないと即日融資にはなりません。特に銀行振り込みで融資を受けたいなら、土曜日にインターネットから申し込みをして当日に借入をするなん事は出来る訳がありません。なので、平日の午前中に申し込みと審査が終了するようにすると良いでしょう。

申込みに必要なのは、申込書と身分証明証や収入証明証等の必要書類です。会社によって必要な書類が違いますので、ホームページなどで確認してから申し込みを行いましょう。

ただ、気を付けたいのは、ヤミ金です。ヤミ金の誘い文句は「必ず即日で融資します」とか「直ぐに絶対に借りられる」等、緊急にお金が必要な人が飛びつきそうな言葉が並んでいます。審査もなくお金が借りられるかの様な誘い文句の金融会社はヤミ金の可能性があるので注意が必要です。現在の法定金利は借入金が10万円未満だと20%、10万円以上100万円未満だと18%、100万円以上は15%が上限金利です。消費者金融会社を選ぶ時は、この金利以下で融資を行っているかどうか、必ずチェックをしておきましょう。

急な出費!急な入用!今すぐローンで借りたいという人!

今すぐローンを借りたい。つまり急ぎの資金繰りというわけです。そういう場合は即日キャッシングの利用が最も早いという事になります。それではまず、この即時キャッシングの方法について順番に説明していきます。まずカードローン会社は銀行系と信販系・消費者金融系といろいろなカードローン会社があります。

一般的に銀行系はカードローン発行の為の審査が厳しくて利息が低め、その他の信販系などは、審査が緩めで利息が高めというのが平均的な傾向です。ただし、キャッシングの場合の審査の基準、利息返済方法、その他の制約などは会社によって千差万別と言っていいくらいまちまちですから、利息や返済方法などの条件についても余り固定観念を持つ必要はありません。

あくまで判断する場合の知識として持って置きましょう。手続きは無人契約機、あるいは郵送で申し込む方法などもありますが、スピーディなのはインターネットが一番です。カードローンの申し込みに必要な書類は①本人確認書類、②収入を証明する事の出来る書類、の2つがあれば申し込む事が出来ます。

本人確認書類は、自動車運転免許証で、収入を証明する事の出来る書類は源泉徴収票が標準の会社が多いですが、それ以外の書類(たとえば運転免許証が無い場合健康保険証で代用可能)は、会社によっても違いますので申し込む前に確認が必要です。そして、申しこむ貴方に安定した収入があって、18歳以上であれば最短で30分の審査でカードの発行は可能です。

勿論、審査の際の不備事項などがあれば、時間が掛かりますが、即日キャッシングは全然難しい事ではありません。また、1週間以内、あるいは30日以内に返済すれば無利息という返済期間に応じて利息を免除してくれるカードローンもありますので利用を検討されている場合は、その点も検討して調べて見てください。

インターネットを利用すれば会社選びから、申し込み、返済のシュミレーションもWebで出来ますので、今すぐ借りたいという人には、インターネットを利用してのカードローンの利用をお勧めします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 ¥お金が無いなら…¥今すぐ借りれる!優良キャッシング情報館 All Rights Reserved.